プレスリリース

森田芳光監督の稀有な映画作家の全体像に、改めて迫る!!! 『 2018年の森田芳光 -森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし-』

リリース発行企業:ぴあ株式会社

情報提供:


1978年、「PFF」の前身「ぴあ展」に、「ライブイン茅ヶ崎」を持込んでから「ぴあ」との付き合いが始まり今年で40年。28本の作品を残し、2011年12月20日にこの世を去った森田芳光監督。森田作品は、彼の生き様同様に、“キャッチー”で“ポップ”で“刺激的”で“挑戦的”。今観ても、カルチャーを生み出すパワーが漲っています。そんな森田作品をこよなく愛するライムスター宇多丸氏の発案により、前代未聞の企画が今回実現。

その企画とは、森田芳光全作品上映に加え、全回ライムスター宇多丸が、森田作品のプロデューサーであり監督の夫人でもある三沢和子を迎え1時間たっぷり語る『2018年の森田芳光 -森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし-』

5作品鑑賞者には「の・ようなもの」のフィルムしおりを特典にするという、森田ファン垂涎の企画も! 全映画ファン必見の27公演、是非劇場に足をお運びください。
森田芳光監督



宇多丸コメント


ライムスター宇多丸
2011年に急逝するまでの約30年間、自主制作の実験精神を保ったまま、日本映画界のトップ監督としてキャリアを更新し続けた森田芳光。
ただし、全作に彼ならではの先進的なコンセプトが込められているからこそ常にスリリングだったモリタ映画ですが、それゆえ作品によっては、時代に先駆け過ぎていたりアイデアが先走っていたりで、十分な評価や理解が得られているとは言い難いものも多々残されている、というのが現状だと思います。そこで今回の連続上映。森田作品のプロデューサーであり監督の奥様でもある三沢和子さんの貴重なお話をうかがいつつ、「今」の視点からそのフィルモグラフィを見つめ直し、前述のギャップを出来る限り埋めてゆくことで、森田芳光というこの稀有な映画作家の全体像に、改めて迫ろうという試みです。
聴き手役を仰せつかり、その歴史的重責に震えております……!

宇多丸(ライムスター)プロフィール
1969年東京都生まれ。ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー、またTBSラジオをメインに活躍するラジオ・パーソナリティ。1989年、大学在学中に日本語ラップグループ「ライムスター」を結成。デビューは1993年。日本ヒップホップの最初期よりシーンを開拓牽引し続けて、いまだに第一線で驚異的な活躍をみせている。また、2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、ラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。番組内コーナーの本音で語り尽くされる映画批評コーナーが人気で、映画業界内にも多くのファンを持つ。2018年4月、TBSラジオでは65年以上続いた野球ナイター中継に幕を下ろし、宇多丸が担当する「アフター6ジャンクション」がスタートした。


上映スケジュール


『2018年の森田芳光 -森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし-』上映スケジュール



チケット

前売 1,500円 当日 1,800円
会場:新文芸坐  会場住所:東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F

※前売券が完売した場合は当日券の販売はなし。
※5作品鑑賞者特典付き。11月3日以降、劇場にてチケット5作品提示の上、引換え。
※宇多丸、三沢和子のトークショーは、上映後を予定。
※チケットは、整理番号付き。

一般発売日:2018年9月22日(土)10:00~(チケットぴあ、新文芸坐窓口にて取り扱い)

主催:ぴあ/新文芸坐
協力:ニューズ・コーポレイション/スタープレイヤーズ/サルーテ

問合せ:新文芸坐 TEL 03(3971)9422