みん経トピックス

前の新聞へ
次の新聞へ

ヘッドラインニュース

甲州街道高架下の「サナギ新宿」でアート祭 総勢13人の作品一堂に

写真を拡大甲州街道高架下の「サナギ新宿」でアート祭 総勢13人の作品一堂に

 新宿・甲州街道高架下部分に設けられたカフェ&フードホール・イベントスペース「サナギ新宿」(新宿区新宿3、TEL 03-5357-7074)で現在、「サナギ新宿 インキュベーションアート祭」が開催されている。 参加アーティストによる作品のイメージ 全文を読む  2016年12月にオープンして以来、次世代のアーティスト、クリエーターの発信プラットフォームとしての機能も合わせ持ち、展示やDJイベントなどを行ってきた。同アート祭は総勢13人のアーティストが集結し、手掛けた作品やイベントなど一人一人の作品を一堂に展示する取り組みとして初めて行われる。

 同スペースをプロデュースするポトマック(兵庫県神戸市)の皆川直紀さんは「芸術の秋に合わせたアートイベントも多い。その中で、飲食を楽しむだけでなくアートも一緒に気軽に楽しんでもらえたらと企画した。音楽やアパレル、雑誌のほか、イラスト、グラフィック、ライター、占い師、ロゴデザインなど、ジャンルや年齢にとらわれない、さまざまな個性に触れることができるのでは」と話す。

 スタートから1カ月がたち、新宿という立地柄、学生や海外の観光客も多く足を運んでいるという。「ギャラリースペースの展示のほかに、13人のアート作品をコラージュしたアート作品が飲食店スペースのテーブルをジャックしている」といい、「普段から女性のお客さまにいらしていただいているが、アートワークスをテーブルに使ったので、イベントを知らなかった方にも興味を持っていただいている」と皆川さん。

 「位置情報やハッシュタグを付けて当スペースをSNSで投稿する人も多い。現在では6600のタグが付けられていて、観光客がこうした情報を検索して訪ねてくださったり、友達の投稿を見て来てくださったりする人もいる」とも。今後、特設のウェブショップも開設予定。

 営業時間は11時~23時30分。12月16日まで。

  • twitter
  • 0
    facebook
  • 0
    Google+
  • Line

最新ニュース

さらに読み込む

アクセスランキング

さらに読み込む

フォトフラッシュ

さらに読み込む