天気予報

15

4

みん経トピックス

子どもたちが写したキューバ新宿マルイでブーケレッスン

新宿区の交通安全アニメに「新宿シンちゃん」-やなせたかしさん制作

新宿区の交通安全アニメに「新宿シンちゃん」-やなせたかしさん制作

「アンパンマン」のやなせたかしさんが手がけた、広報アニメ「新宿シンちゃん」

写真を拡大 地図を拡大

 新宿区は、広報アニメーション2弾「新宿シンちゃん~よいこの交通安全」を制作し、8月23日にテレビで放映する。

 新宿区は2004年、「アンパンマン」の原作者で新宿区名誉区民のやなせたかしさんから、防犯マスコットキャラクター「新宿シンちゃん」の寄贈を受けた。今回もやなせさんに依頼し、「楽しみながら交通ルールを学べる作品に仕上がった」(区政情報課の担当者)という。

 アニメでは、「道路を渡るときは横断歩道を渡る」という簡単な交通ルールから、「車と車の間や裏路地からの飛び出し」「自転車の運転ルール」「トラック等の大きな車の死角」「交差点での車の内輪差」などについて、「新宿シンちゃん」が教える。

 8月25日からはVHSビデオとDVDの貸し出しを行うほか、区ホームページで動画配信を始める。貸し出し場所は本庁舎1階の区政情報センター、区立中央図書館、四谷図書館。聴覚障害者向けに字幕付きのビデオも貸し出す。

 区政情報課の担当者は「このアニメを通じて、子ども自身が危険なことの判断や、なぜ交通ルールやマナーが大切なのかを理解してほしい。家庭でも交通ルールを再確認して、交通安全について話し合うきっかけにしてもらえれば。少しでも交通事故に遭ってしまう子どもが減ることを願っている」と話す。

 ビデオは15分。テレビ放映は、0時14分から(東京MXテレビ)。

グローバルフォトニュース