天気予報

15

4

みん経トピックス

新宿タカシマヤ、改装大詰めブラマヨ吉田さん女装で登場

新宿通りに「戦国時代」がテーマの居酒屋-戦国ファンもターゲット

新宿通りに「戦国時代」がテーマの居酒屋-戦国ファンもターゲット

新宿通りに戦国時代がテーマの居酒屋がオープン

写真を拡大 地図を拡大

 飲食業を手がけるダイヤモンドダイニング(港区)は3月28日、新宿通りに戦国時代をテーマにした飲食店「個室乃世 大河の舞」(新宿区新宿3、TEL 03-3226-7040)をオープンした。

 店舗面積は約100坪で、席数は166席。エントランスは、武田信玄と上杉謙信の像を左右に配置、中央には2人にまつわることわざ「敵に塩を贈る」にちなんだ盛塩風オブジェと弓矢的を据えるなど「川中島の戦い」をイメージしたものになっている。店内は、周囲に槍のオフジェを配置した「風林火山」など、19室の個室を用意したのが特徴。鎧刀や般若の面などを配置し戦国時代を連想させる空間になっているという。

 主なメニューは、上杉謙信ゆかりの地・越後の「いくさ飯」(1,100円)や、武田信玄ゆかりの地・甲斐の「信玄ゆかりの山菜ほうとう小鍋」(880円)、川中島の戦いを味に例えた鍋料理「赤の信玄vs黒の謙信 決戦鍋」(1,500円)など、戦国武将ゆかりの地の名産品や郷土料理などが中心。アルコール類は、焼酎をメーンに約90種類を提供する。想定客単価は4,200円。

 同社は「非日常性の具現化」をテーマに、1コンセプト1店舗限定で都内を中心に展開、今年3月には大証ヘラクレスへ上場を果たした。同店は38店舗目の出店。同社広報の重田さんは「今までは若い人に向けた店舗展開をしていたが、同店はターゲットの幅を広げ、『戦国ファン』など様々な年齢層の方が楽しめる空間になっている」と話している。

 営業時間は17時~翌4時。無休。

個室乃世 大河の舞

グローバルフォトニュース